勤務先の業績悪化で収入激減、お子さんの医療費もかさんで支払い不能に。
[カテゴリー]  リースバック

アンケート

問い合わせ前に不安だったことは?
裁判所から
競売通知決定書が自宅に届いた。
将来が不安で毎日寝られない日々が続き、
精神的に追い詰められた状態にあった。
YS再生支援センターを知ったきっかけは?
チラシ、無料相談
問い合わせの決め手は?
無料相談
[お客様] Y様

お悩みご相談内容

当時、月収40万ボーナス80万の給与をもらっており、月々の住宅ローン返済で5万円、ボーナスで30万円の返済プランを立てていました。
年齢も比較的高く、退職後は会社の子会社で働くことも決まっていたので思い切って住み換え価格1,880万円でマイホームを購入しました。
2~3年したら子会社の業績悪化のため、ボーナスが今までのように支払われることがなく、今は退職金を切り崩しながらマイホームのローン返済をする不安な日々を送っていました。
また、子どもが障害後遺症を持っており、毎月の医療費で10万円支払いがあり、それも家計を圧迫していました。
まだ支払いは続けていたのですが、子どもの急な手術が重なり退職金も底をつき住宅ローンの支払い不能になってしまいました。
銀行の督促状、電話などが頻繁に自宅や携帯電話にくるようになりました。

依頼後のお客様の声

いまでは夫婦2人も何とか笑顔を取り戻し借金生活から脱退できホッとしています。

担当スタッフより

Y様の住宅ローンの支払いに対する不安の部分を解決するために7~8回ぐらいの訪問の末、具体的なアドバイスを行いました。
リースパック方式を使うことで、Y様の不安を解消していけるのではと、買主業者を探し、契約にこぎつけることができました。
銀行との折衝も順調にいき、1か月後何とか売却でき、残りの300万円は司法書士にお願いして自己破産の手続きに入り、借金もすべてなくすことができました。
家主になる業者とも賃貸価格の交渉と市役所にお子さんの補助金の申請をし、何とかかんとか話が進むようになりました。
市役所からもお子さんの補助金が月々7万円支給されることになり、 毎月の家賃も7万円となり何とか生活できる体制が整いました。