金利優遇期間が終わると同時にボーナス半額カット。住宅ローンが払えない…
[カテゴリー]  任意売却支援

アンケート

問い合わせ前に不安だったことは?
裁判所から
競売通知決定書が自宅に届いてしまった。
[お客様] 大阪府大阪市  N様

お悩みご相談内容

5年前に都市銀行の3年間固定金利1%のキャンペーンを利用して大阪市内に4,200万円の新築マンションを大手不動産会社から購入しました。
返済額は11万円/月、ボーナス時は45万円でした。
ただ諸費用が足りなかったので、信販会社から300万借入しました。月々は2万円です。
ところが、金利優遇期間の3年が終わり4年目からは、金利が2.9%に上がり、毎月の返済額は15万円を超えてしまいました。
さらに悪いことに、ちょうどその頃から景気が急激に減速し、会社の業績も落ち込んでしまったため、ボーナスが半分にカットされてしまったのです。
足りない分を消費者金融(サラ金)から借りました。
そのため新築マンションを購入、金利優遇期間が終了後、 金利の低い住宅ローンを返済するために、金利が高い消費者金融から借りるという雪だるま式に借入金が増えてしまう落とし穴に陥ってしまいました。
半年が過ぎたころ、銀行から督促状が何通も届き、封も開け済みほったらかしに。
すると、今度は裁判所から競売通知決定書が自宅に届きました。

依頼後のお客様の声

完済の目処が立たないままローンを支払い続けていた頃に比べて、とても気持ちが楽になりました。
何とか踏ん張り生きててよかった。

担当スタッフより

競売にかけられることを避けるため、差し押さえ通知を出してきた銀行との交渉に当たりました。
信販会社にも任意売却の承諾を頂き、最終的に約2,500万円で売却することができました。
だだ、債権額は3,500万円でしたので、残りの債権は1,000万円もありました。
任意売却は成功しましたが、N様は、残債をゼロにするために自己破産を申請されました。
完済の目処が立たないままローンを支払い続けていた頃に比べて、とても気持ちが楽になったそうです。
また、新生活を送るための賃貸物件についても弊社にお任せ頂き、初期費用がほとんどいらない形でのご入居となりました。

生活設計はしっかり立て、銀行マンの言いなりにならず、ご自分でも調べるなり、お金はかかりますが、専門家のアドバイスをもらうなりされることをお勧めいたします。