外資系不動産会社に転職するも部門閉鎖により失職、転職が上手くいかず…。
[カテゴリー]  任意売却支援

アンケート

問い合わせ前に不安だったことは?
裁判所より競売決定通知書が自宅に届
いた。
YS再生支援センターを知ったきっかけは?
昔の同僚
[お客様] 大阪府岸和田市  O様

お悩みご相談内容

14年前に4,500万円の新築戸建てを、大阪府岸和田市という町に購入しました。
頭金は500万円を用意しました。
月々の返済金額は均等返済で、約14万円でした。
新築戸建ての購入後、ヘッドハンティングされた会社が業績が伸びず閉鎖に。
仕事を見つけるまでの約8ヶ月間の無職の期間に蓄えた全ての貯金を使い切まっておりました。
住宅ローンを返済するために、車も売ったり、趣味をやめたりしましたが、住宅ローンを滞納し出してしまいました。
支払督促が届いて直ぐに、住宅ローンのリスケというやつを利用できないかと思い、銀行へ相談に。
そして、任意売却を勧められたのです。
裁判所より競売決定通知書が自宅に届き、時間がないことがわかりました。

依頼後のお客様の声

終わって『もう~今月からローン返済の悩まなくても良いのだ』と、ホットしました。
そして任意売却後の残った債務の返済を債権者と月々1万円で折り合いを付けていただき助かりました。
私の場合、ある程度、任意売却のことを知っていましたので、その知識が随分と役に立ちました。

担当スタッフより

まず、期限の利益を失う前から、物件を売りに出しました。
そして、期限の利益の喪失の通知が来て代位弁済の通知が届いて、それ程間を置かず、地元の不動産業者さから購入申し込みが入りました。
何とか希望の価格で折り合いがつき、任意売却でお家は売れました。
従って、14%にも上る遅延損害金がそれ程付かず、加えて同業社ということもあり、引越代も面倒みてもらえました。
残債は約500万円でしたが、月々1万円の返済で決着しました。