見覚えのない借金の督促は、妻が作った1000万円の借金の督促だった。
[カテゴリー]  リースバック

アンケート

問い合わせ前に不安だったことは?
競売決定通知書が自宅に届いた。
YS再生支援センターを知ったきっかけは?
チラシを見て電話
[お客様] K様

お悩みご相談内容

クレジット会社から督促電話が自宅にあり、見覚えのない借金の督促でした。
妻は私名義でクレジット会社10社から1,000万円の借金を作り支払いせずで、3か月が過ぎ、督促状が自宅に着いたことで借金があることが判明しました。
住宅ローン月々13万円支払い、クレジット払いが月々18万円請求がきていました。
まだ、支払いは何とかカードローンなどの出し入れをして支払っている状態でこのままだと後2~3カ月後のキャッシングの限度いっぱいになり支払い不能に陥ることは明らかでした。

依頼後のお客様の声

3ヶ月後妻が自宅に戻ってきて、再度妻とスタートすることにしました。
子供たちも大喜びで、10年後に再度買い戻しを目指しています。

担当スタッフより

まず弁護士との面談で3~4回ほど面談をし、K様にとって一番いい方法が自己破産だったので薦めることにしました。
自己破産の手続きで進める方向で話がつき、生活設計シートや生活環境・借入額などなど、いろいろな書類を提出し、手続きがスタート。
自己破産の手続きを行い3ヶ月後に自己破産の手続き完了と同時に免責も降りて借金はすべてなくなりました。
これからは自宅の売却だけです。

銀行となんども価格の折衝をおこない、売却できる価格でスタートしました。
金額は4000万円です。残債は2700万円。
売却できても500万円野残債が残りますが、初めに自己破産をしているので残債は残らなくて済みます。
半年後、何とか弊社で物件の売却ができ、リースパック方式でこのまま自宅に住めるようになりました。
10年後に再度買い戻しを目指してK様は仕事に励んでおられます。